賃貸で家賃交渉をするコツ

賃貸検索のポイント

賃貸で家賃交渉をするコツ

賃貸で家賃交渉をするコツ 賃貸物件では、家賃交渉をして賃料を安くすることもできます。
たいていは無理と思って最初から諦めている人も多いようですが、応じてくれる家主は結構います。
特に、しばらく入居者がついていないような賃貸物件は早く入居者を決めたいと感じているので、家賃交渉に応じてもらいやすいです。
9月〜10月あたりになっても空いている部屋であれば、家主が入居者を欲しがっている可能性もあるので、交渉してみましょう。
一人暮らしの女性だと賃貸アパートやマンションの1階は危険ですが、それ以外の人であればあえて1階を選んでもよいです。1階は人気がなく、家賃交渉しやすい階数だからです。
ファミリーで済む場合には、子どもが騒いでも足音が下にもれないというメリットもあります。
家賃交渉に応じてくれない場合でも、他に礼金を安くしてもらえる可能性もあります。礼金は賃貸物件では慣習になっているお金ですが、法的には絶対に払わなければならないお金ではないからです。
その他には、ウォッシュレットをつけてもらったり、水道の蛇口を新しく取り換えてもらうなど、細かいところで交渉してみるとよいです。
新しくした設備は後まで使えるので、応じてくれる可能性が高くなります。

賃貸不動産についての相談

賃貸不動産についてはどのように相談をしたらいいでしょうか。相談の内容によっては自分または自分の家族にぴったりの賃貸不動産を紹介してくれる場合があります。
まず、賃貸住宅を借りる時には自分達は何を重視するかです。人によっては通勤を重視する人もいるでしょう。
例えば、都心部まで毎日会社で通っている場合には出来るだけ駅に近い所を借りるべきです。ただ、この時どうしても家賃が高くなってしまう場合があります。
この時には、不動産会社に相談をすることで、よりベターな回答が返ってくることがあります。
また、人によってはお金があまりないので限られた金額の範囲内でしか借りることができない場合もあります。この場合には、不動産会社の担当者がより妥当な物件を見つけてくれるでしょう。
ただし、築年数か場所、そして日当たりなどの問題のどれかは残ると考えておいた方がいいでしょう。
例えば、駅からそれなりに近い場所でも西向きの部屋だったり、南向きなのに、繁華街の周りにある住宅で、週末になると家の前を酔っ払いが徘徊していると言う物件もあります。
このように、無制限に気に入った物件を選べるわけではありませんので、もし不動産会社の担当者に相談するのならば自分達の中で優先順位を決めておくことが大事になります。


注目サイト


フェイスリフト 熊本

おすすめのエナジードリンク

税理士を大阪で探せます


2020/9/16 更新

Copyright (C) 2016 賃貸検索のポイント All Rights Reserved.