賃貸契約の世帯主と保証人

賃貸検索のポイント

賃貸に住んでいる場合世帯主は誰か

賃貸に住んでいる場合世帯主は誰か 賃貸に住んでいる人の場合、世帯主というのは、一部屋に住んでいる人の中から一人選ぶことになります。
一人世帯なら住んでいるその本人がもし、20歳未満であったり、学生であったりした場合でも、一人暮らし場合は必ずその人が世帯主となります。
二人以上の世帯の場合は、主としてその世帯の生計を維持しているもの及びその世帯を代表するものとして社会通念上該当と認められる者という二つの用件からなります。
賃貸でもなぜ世帯主を決めなければいけないかというと、住民票は世帯ごとに編成されているため、検索機能の役割があり、役所からの住民への連絡事務を合理化、能動的に行うようにし、わかりやすい続柄を表記するためです。
賃貸に住んでいる人の場合には、世帯主は大家さんか管理人などではないかと勘違いされている方もいらっしゃるかもしれませんが、管理人などは衣食住をともにしているというわけではないため、同じ世帯の人間とはいえないので、管理人などは同じ世帯ですらありません。

賃貸の保証人は誰に頼むべきか?

賃貸の保証人は、一般的には親族に頼みます。親がいれば親、兄弟姉妹、それでもいなければ近い親等の親族に頼むのが一般的です。
友人や知人などに頼んでも良いですが、保証人になってしまうと賃貸物件の借主になにかあった時には代わりに責任をとらなければならなくなるので、注意が必要です。家族であれば連絡もとりやすく、後でお詫びなどもしやすいです。
どうしても頼む人が見つからない場合には、保証会社に頼む方法もあります。もしくは、クレジットカードなどを利用すると保証人なしで借りられることもあります。
学生であれば親に頼むのが一般的ですが、親が年金暮らしで厳しいなどの事情で保証人を頼めない場合にはこれらの方法でも借りることができます。
ただし、保証会社もクレジットカードを使う場合にも、必ず入居審査を受ける必要があります。入居審査に通らないと入居することができないので気をつけましょう。
なるべく早めに頼める人を見つけておくことが大切です。

Favorite

2018/12/19 更新

Copyright (C) 2016 賃貸検索のポイント All Rights Reserved.